〒104-0061 東京都中央区銀座2-7-10銀座マロニエテラス9F
完全予約制03-6263-2236

イボ・ほくろ

イボ・ほくろ|銀座駅、銀座一丁目駅から徒歩2分の美容皮膚科|ウェルクリニック

イボ・ほくろ

イボやほくろを気にしているのに取ることを諦めていませんか?他院で「悪いものではないし傷が残るから」と言われ、治療を諦めていたという患者さまを診ることは少なくありません。保険診療では液体窒素療法や切除術が行われますが、レーザー治療では、多くのイボやほくろ、その他の小腫瘍を、より少ない治療回数で、よりきれいに治療することができるのです。とくに、まぶたにあるイボやほくろは、傷が残るという理由で治療を断念している方が多いようですが、レーザーではその限りではありません。ご自身でイボだと思っていたものがほくろであったり、その逆だったりすることもあります。

ウェルクリニックのイボ・ほくろ治療

ウェルクリニックでは、しっかりと診断をした後にレーザー治療を行います。イボ・ほくろの一部はレーザー治療に不向きだからです。目立った傷あとを残さないよう、無理のない範囲の治療を行っています。ご自身が気にしているものがイボなのかほくろなのか、または、別のものなのか、ご相談にいらしてください。
イボやほくろの治療には、炭酸ガスレーザーとピコセカンドレーザーを使用します。ピコセカンドレーザーについては設定開発に携わった経験から、また、炭酸ガスレーザーについては機器の設定や患者様用リーフレット監修などの実績から、いずれも経験に基づく工夫を凝らした治療を行っています。

イボ治療

一般に、隆起を伴う小さな病変をまとめて「イボ」といいますが、一口にイボと言っても多くの良性皮膚腫瘍が含まれます。よくある皮膚腫瘍のうち、尋常性疣贅はウイルスによるイボですが、その他は発症要因に加齢変化が含まれます。年齢によるものなら仕方がないと我慢してしているよりも、気になるものを積極的に取ってしまうため、ご相談くださいにいらしてください。

浅い部分にあるもの:隆起している部分をレーザーで削り取る治療

  • 脂漏性角化症(=しろうせいかくかしょう)
  • アクロコルドン(別名:スキンタグ)
  • 尋常性疣贅(=じんじょうせいゆうぜい)

深い部分まであるもの:レーザーでえぐり取る治療、穴をあけて押し出す治療

  • 脂腺増殖症(=しせんぞうしょくしょう)
  • 汗管腫(=かんかんしゅ)
  • 稗粒腫(=はいりゅうしゅ)

などがあります。

えぐり取る治療と言っても傷を残すリスクは高くありません。それでもなお、より安全性を高めるため、複数回の治療で徐々に目立たなくする治療を行うこともあります。稗粒腫は真珠の玉のような白い塊が埋まっているので、レーザーで穴をあけてピンセットで押し出します。

イボ治療(隆起した病変の治療)

ほくろ治療

ほくろは母斑細胞という名前のほくろ細胞が皮膚に存在し、この細胞がメラニン色素を産生することで濃い茶色や黒色に見えるものです。医学的には母斑細胞母斑、または、色素性母斑とよびます。ほくろはシミと違い、皮膚の浅い部分(表皮)にメラニン色素があるのではなく、皮膚の深い部分(真皮)に色素が存在する病変です。表皮は靴擦れややけどでめくれる薄皮のことで、真皮はその下に見える部分です。母斑細胞が存在する深さはほくろによって違います。隆起しているほくろは取れないと思われることがありますが、実際は、原因である母斑細胞のほとんどがそのふくらみの中にあるので深くえぐる必要がなく、治療を行いやすいほくろです。
ウェルクリニックのほくろ治療では、炭酸ガスレーザーとピコセカンドレーザーを組み合わせて、傷を残さず、それでいてなるべく少ない治療回数で実感が得られるような工夫をしています。注意点は、ほくろを一度で完全に取り切る方法は切除術しかなく、レーザー治療では再発する可能性があることをご理解いただくことです。

母斑細胞を蒸散・凝固させて、ほくろを目立たなくする治療

メラニン色素を破壊→母斑細胞を減らして、ほくろを目立たなくする方法

どのような治療が適しているか、どのような経過が予想されるのか、まずはご相談ください。

ほくろ(母斑細胞性母斑)ほくろ(母斑細胞性母斑)

隆起したほくろ(母斑細胞性母斑)隆起したほくろ(母斑細胞性母斑)

脂漏性角化症脂漏性角化症

頸部(首)のアクロコルドン(スキンタグ)頸部(首)のアクロコルドン(スキンタグ)

脂腺増殖症脂腺増殖症

汗管腫汗管腫